【VYM】バンガードのアメリカ高配当ETF

2019年11月2日

【VYM】とは米国株のなかでも高配当のものに分散投資するETFです。
【VYM】は手数料が低いことで有名なバンガード社が運営しています。

高配当の米国株にまとめて投資できる

アメリカは世界の中でもっとも株式市場の規模が大きく、有名企業もたくさんあります。
例えばアップルやマイクロソフト、フェイスブックやアマゾンはすべて米国株として扱われています。

【VYM】では規模の大きい米国株のなかでも高配当のものに限って投資しています。
そのため配当利回りは3.09%(2019年11月2日時点)と投資すれば高い配当金をもらうことが可能です。
例えば100万円を投資したら1年間で約3万円を受け取ることが期待できます。(税金の影響を除く)

VYMの概要

データソースはバンガードのファクトシート(2019年6月30日時点)です。

ベンチマークFTSE ハイディビデンド・
イールド・インデックス
ティッカーVYM
経費率0.06%
ETF純資産総額245.79億ドル
ファンド純資産総額332.25億ドル
配当スケジュール四半期毎
設定日2006年11月10日
上場取引所NYSE Arca

【VYM】の信託報酬は0.06%と大変安くなっています。
アメリカ全体に投資する【VTI】は0.03%なので少し高くなっていますが、誤差の範囲だと思います。

ETF純資産額は245.79億ドル、これは日本円で約2兆6500億円にもなります。
信託報酬が低い理由は【VYM】というETFがこれだけの金額を集めることができるからです。
またETFの運営者であるバンガード社が低手数料を推し進めていることも大きいです。

VYMの詳細データ

このデータは2019年6月30日時点のものとなっています。

VYMVTI
構成株式銘柄数4213,637
時価総額の中央値1,027億ドル726億ドル
株価収益率16.6倍20.4倍
株価純資産倍率2.3倍3.0倍
株主資本利益率15.5%15.7%
利益成長率4.0%10.6%
売買回転率13.0%3.4%
標準偏差11.23%12.52%

【VYM】は高配当株421銘柄で構成されており、【VTI】の構成銘柄数の約1割となっています。
株価収益率(PER)は【VTI】の20.4倍に対して16.6倍と割安です。
また株価純資産倍率(PBR)は【VTI】の3.0倍に対して2.3倍とこちらも割安です。
高配当株は株価が安い水準におさえられているからこそ高配当になっているので、割安なのは当然です。

しかし利益成長率は【VTI】の10.6%に対して4.0%しかありません。
通常の企業は利益が出たら利益率が高い事業に再投資することで新たな利益を生み出すことが可能ですが、高配当企業はその分を配当に回してしまうため、利益の増加スピードは全体的に見て遅いことがおおいです。
ただこのデータは好景気時のものなので、不景気になったら【VTI】との利益成長率の差は縮まると予想します。

VYMの産業構成

金融18.4%
消費財13.9%
ヘルスケア13.0%
テクノロジー10.6%
消費者サービス9.5%
石油・ガス9.2%
公益8.5%
資本財8.3%
通信サービス4.9%
素材3.7%

産業構成は金融が18.4%、生活必需品が13.9%、ヘルスケアが13.0%と続きます。
金融は低金利化の影響でかなり割安になっており、結果的に高配当になっています。
また生活費需品やヘルスケアはディフェンシブセクターとして有名で、不景気時にとても強いです。
金融セクターはこれからの政策金利が上がるかどうかに依存しているところがあるので将来は不透明ですが、後者の2つは積極的に投資したいセクターとなっています。

VYMの保有上位10銘柄

Johnson & Johnson3.6%
JPMorgan Chase & Co.3.5%
Exxon Mobil Corp.3.2%
Procter & Gamble Co.2.7%
AT&T Inc.2.4%
Cisco Systems Inc.2.4%
Pfizer Inc.2.4%
Chevron Corp.2.3%
Verizon Communications Inc.2.3%
Merck & Co. Inc.2.1%
純資産総額に占める上位10銘柄の割合26.9%

【VYM】の構成比率TOP10です。
【VTI】ではマイクロソフト、アップル、アマゾン、アルファベット、フェイスブックとそうそうたる企業が並び立っていましたが、【VYM】には彼らの顔は登場しません。
代わりに製薬企業のジョンソンエンドジョンソン、銀行のJPモルガン、石油メジャーのエクソンモービル、生活必需品を扱うプロクターギャンブルといった企業が主要銘柄となります。

VYMのトータルリターン

2019年6月30日までのトータルリターンです。

VYMVTI
過去1年8.73%9.02%
過去3年10.28%14.04%
過去5年9.00%10.18%
過去10年14.16%14.71%
設定来(2006~)7.78%

【VYM】は【VTI】と比べるとトータルリターンが下回っています。
しかしながら、高配当を受け取りながらこれだけのリターンを享受できるのは魅力的です。
また、不景気時は【VYM】が【VTI】をアウトパフォームする可能性が高いでしょう。

VYMの分配金情報

分配金の単位はドルです。

2019年

2019/09/240.7864
2019/06/170.6247
2019/03/250.6516
合計(暫定)2.0627

2018年

2018/12/240.7388
2018/09/260.6718
2018/06/220.6302
2018/03/260.6084
合計2.6492

2017年

2017/12/210.6431
2017/09/200.602
2017/06/230.596
2017/03/220.56
合計2.4011

【VYM】は2018年に2.64ドルの分配を行っています。
日本円にして約280円ですね。
2019年11月2日時点の【VYM】の株価は90.4ドルなので、約9800円を投資したら約280円を受け取ることができます。(税金を除く)
さらに今年はそのラインを超えてくると思います。

VYMの株価指標

予想PER:14.62(2019年9月30日時点、モーニングスターHPより)

配当利回り:3.09%(2019年11月2日時点)

VYMのまとめ

【VYM】では高配当米国株にまとめて投資できる。
このETF1本で高配当株の管理もしてくれるので、とても便利な代物です。
高配当を受け取りたいと思ったら【VYM】などの高配当ETFへの投資を検討することをおすすめします。

関連記事です。

このサイトのメインコンテンツであるセクター分析記事をまとめています。

VOOの紹介記事です。VOOはS&P500に連動しているため、大型傾向が強いです。

フェイスブックの銘柄分析です。
私のポートフォリオ紹介とともにフェイスブックに投資した理由を書きました。