【VT】世界全体に投資するバンガードETF

【VT】(バンガード・トータル・ワールド・ストック)とは世界全体に分散投資するETF(上場投資信託)です。
【VT】は手数料が低いことで有名なバンガード社が運営しています。

世界中の株式にまとめて投資できる

日本はトヨタやNTTなどが大手企業として有名ですが、世界に目を向けると、株式市場の広さがよくわかります。
例えばアメリカにはアップルやマイクロソフト、フェイスブックやアマゾンがあり、米国株として投資することができます。
中国にはアリババやテンセント、スイス拠点のネスレやロシュが大型企業として名高いです。

【VT】ではそれら有名企業もふくめ、世界中の株式に対してまとめて投資することができます。
日本企業に対する投資割合はたったの7.5%と、世界の広大さが伝わってくる数字です。

配当利回りは2.24%(2019年11月10日時点)と投資すれば配当金をもらうことが可能です。
例えば100万円を投資したら1年間で約2.2万円を受け取ることが期待できます。(税金の影響を除く)
現時点では米国株すべてに投資する【VTI】よりも高い配当利回りで、魅力的です。

VTの概要

データソースはバンガードのHP(2019年11月10日時点)です。

ベンチマークFTSE グローバル・オールキャップ・インデックス
ティッカーVT
経費率0.09%
ETF純資産総額119.0億ドル
配当スケジュール四半期毎
設定日2008年6月24日
上場取引所NYSE Arca

【VT】の信託報酬は0.09%と大変安くなっています。
アメリカ全体に投資する【VTI】は0.03%なので少し高くなっていますが、かなり低い部類に入ると思います。

純資産額は119.0億ドル、これは日本円で約1兆3000億円になります。
世界中に投資していながら信託報酬が低い理由は【VT】というETFが多くの資金を集めることができるからです。
またバンガード社が低手数料を推し進めていることも大きいです。

VTの詳細データ

【VT】と【VTI】のデータは2019年9月30日時点のものとなっています。 (出典:バンガード社のHP)

VTVTI
構成株式銘柄数8,2183,624
時価総額の中央値462億ドル755億ドル
株価収益率17.2倍20.3倍
株価純資産倍率2.1倍3.0倍
株主資本利益率14.1%15.6%
利益成長率11.4%10.6%
売買回転率8.9%3.4%

【VT】は世界中の株式で構成されており、【VTI】の構成銘柄数の約2.25倍となっています。
8000を超える銘柄数ですから、株式の分散投資として【VT】に勝るものはないといっていいです。

株価収益率(PER)は17.2倍と【VTI】と比べると割安です。
また株価純資産倍率(PBR)は2.1倍とこちらも割安です。
株主還元に積極的な米国株が評価されている分、割高になっているのがよくわかりますね。

なんと利益成長率は【VTI】を超える11.4%です。
中国のアリババやテンセントの高成長を取り入れられたことも大きいと思いますが、これは驚きのデータです。

VTの地域構成

アメリカ54.8%
日本7.5%
イギリス5.2%
中国3.3%
カナダ3.0%
フランス3.0%
ドイツ2.6%
スイス2.6%
オーストラリア2.3%
韓国1.5%

【VT】ではアメリカに54.8%も投資しています。
米国株式市場はそれほどまでに巨大ということです。
日本は7.5%、イギリスは5.2%です。
新興国扱いの中国は3.3%ですね。

VTの産業構成

【VT】の産業構成と保有上位10銘柄のデータソースは2019年9月30日時点のものとなっています。 (出典:バンガード社のHP)

金融21.8%
テクノロジー15.8%
資本財13.9%
消費サービス11.5%
消費財11.0%
ヘルスケア10.5%
石油・ガス5.2%
素材4.2%
公益3.4%
電気通信2.7%

現在の産業構成は金融が21.8%、テクロノジーが15.8%、資本財が13.9%と続きます。
世界では金融セクターが最も構成比率が高くなっています。
この金融セクター、中央銀行の政策金利に大きく依存しています。
現在の政策金利はアメリカや新興国をのぞき非常に低い位置にあるので銀行は収益を出すのに四苦八苦です。
とはいえ政策金利が上向けばこの流れは逆転するはずです。

VTの保有上位10銘柄

Microsoft Corp.2.0%
Apple Inc.1.9%
Alphabet Inc.1.4%
Amazon.com Inc.1.4%
Facebook Inc.0.8%
JPMorgan Chase & Co.0.7%
Johnson & Johnson0.6%
Nestle SA0.6%
Procter & Gamble Co.0.6%
Visa Inc.0.6%
純資産総額に占める上位10銘柄の割合10.6%

【VT】の構成比率TOP10です。
マイクロソフト、アップル、アルファベット、アマゾン、フェイスブックとそうそうたる企業が並び立ちます。
後ろの4社は頭文字をとってGAFAとも呼ばれている超有名企業です。

マイクロソフトはOSのウィンドウズやソフトウェアのワード・エクセル・パワーポイント、アップルはiPhone、アルファベットはインターネット検索サービスのグーグルで有名です。
アマゾンはその名のとおりAmazonが有名で、言い換えるとECサイトの大手です。
フェイスブックはSNSの大手で、フェイスブック以外にもインスタグラムを運営しています。

アメリカ以外ではスイス拠点のネスレがエントリー。
ネスレは世界最大の食品・飲料メーカーとして有名です。

VTのトータルリターン

2019年9月30日までのトータルリターンです。

VTVTI
過去1年1.08%2.91%
過去3年9.68%12.82%
過去5年6.93%10.43%
過去10年8.56%13.10%
設定来(2008~)5.97%

過去3年、過去5年、過去10年すべてについて【VT】は【VTI】と比べるとトータルリターンが大きく下回っています。
しかしながら、分散の度合いが高くなっているところは魅力です。
また、アメリカが他国と比べて不調なときは【VT】が輝きます。

VTの分配金情報

分配金の単位はドルです。

2019年

2019/09/240.4348
2019/06/170.5508
2019/03/250.281
合計(暫定)1.2666

2018年

2018/12/240.489
2018/09/260.3615
2018/06/220.5511
2018/03/260.2573
合計1.6589

2017年

2017/12/190.4915
2017/09/270.354
2017/06/280.466
2017/03/290.253
合計1.5645

【VT】は2018年に1.65ドルの分配を行っています。
日本円にして約180円ですね。
2019年11月10日時点の【VT】の株価は78.35ドルなので、約8600円を投資したら約180円を受け取ることができます。(税金を除く)
さらに今年はそのラインを超えてくると思います。

VTの株価指標

予想PER:15.96(2019年9月30日時点、モーニングスターHPより)

配当利回り:2.24%(2019年11月10日時点)

VTのまとめ

【VT】では世界中の株式にまとめて投資できる。
日本やアメリカだけでなく、イギリスや中国にも投資することができます。
いろんな国に投資することで国ごとのリスクを減らし、より長期投資しやすくなるところが【VT】の魅力です。

関連記事です。

このサイトのメインコンテンツであるセクター分析記事をまとめています。

米国株に投資するETF【VOO】の紹介記事です。【VOO】はS&P500に連動しているため、大型傾向が強いです。

アメリカ高配当ETF【SPYD】は高利回りで有名です。