お金持ちになるのにインデックス投資は必要か?【知識が大切な話】

こんにちは、アーサーです。
セクターETFでインデックス投資をしています。

先日に以下のツイートをしました。

「インデックス投資でお金持ちになることはできるのか?」
答.この言葉だけだと状況の把握ができません。
・今はいくら持っているのか?
・お金持ちの基準はどこ?
・投資にかけられる時間は?

そして最初の質問からは外れますが
・お金持ちになってどうするのか?
といったところも考えるべきです。

人生とインデックス投資の関係についてですね。
お金持ちになるのにインデックス投資は必要なのでしょうか?

インデックス投資でお金持ちになることはできるのか?

このページを読まれている方は「お金持ちになりたい」と思っている人が多いのではないでしょうか?
そうでなくともお金は人生を楽しいものにするために必要であることが多いです。

今回は「インデックス投資でお金持ちになることはできるのか?」という質問に対する回答なので、インデックス投資とお金持ちの定義をここで決めておきましょう。

インデックス投資とはある市場の全体に分散投資することをいいます。
日経平均株価やTOPIX、ダウ平均などに投資するイメージです。
海外ETFを使ったインデックス投資も有名になってきました。
S&P500に投資する【VOO】アメリカ全体に投資する【VTI】高配当の米国株に投資する【VYM】など種類も豊富です。
シーゲル教授の研究によると、長期的なインデックス投資では配当を再投資していくことで高い利回りを得ることが可能です。
その研究では米国株を対象とし、期間は200年としたところ、年率は約8%でした。
インフレ率にもよりますが、おおよそ年率6%から8%は期待することができます。
ただし実際はリーマンショックなどの金融危機がくるかこないかで結果が大きく変わりますが。

「お金持ち」は資産から借金を差し引いた額が1億円を突破した状態であるとします。
ただし売ることが難しい持ち家の資産価値はのぞきます。
現金や株式、債券、投資用不動産などを含めた資産から借金をのぞいた額が1億円以上あるかどうかがお金持ちであるかの判断基準になります。

今はいくら持っているか?

現在あなたはいくら持っているでしょうか?
人によって回答はさまざまです。
貯蓄をしていない人もいれば、1000万円以上をしっかり貯めこんでる人もいます。
年代が高くなるにつれて資産額も多くなる傾向があり、平均貯蓄金額が1000万円を超えるのは50代からです。
逆に若い世代にとって1000万円は大きな数字になります。
むしろ奨学金を抱え込んでいるせいで実際の資産はマイナスというケースもあります。
ということで今回は100万円をスタートラインにします。

平均貯蓄金額については世帯別・年代別の平均貯蓄総額はいくら?をご覧ください。

投資にかけられる時間は?

皆さん、お金持ちになるのはいつがいいですか?
30年後でしょうか?20年後でしょうか?
こんな長期間待てない?
そりゃそうだ。

すぐにお金持ちになりたい人が大半だと思います。
しかしその夢はすぐに果たせるものではありません。
ということで今回の設定期間は10年とします。

【悲報】インデックス投資だけではお金持ちになれない

これだけだと悲しいので具体例を。
毎年50万を投資にまわすことができ、1億を目指す。期間は10年。

インデックス投資だと無理です。
では短期投資か?
これも相当難しく、マイナスに終わることが大半です。

この場合では資金が足りないのでまず入金力を高める必要があります。

ここでは毎年50万円を投資にまわすことができるとしました。
しかし残念ながらインデックス投資ではさきほど定義した「お金持ち」には程遠いです。
積立計算(複利毎課税)で簡単に計算することができるのですが、年率8%でかつ非課税だったとしても最終的に900万円を超えるものの1000万円にすら届きません。

なら短期投資だ!という人もいます。
しかしながらFXやデイトレードで稼ぐことは無謀に近いです。
マイナスに終わることが大半だと思います。

一般的には、投資でお金持ちになるのは難しいことなのです。

お金持ちになるのにインデックス投資は必要か?

「投資は目的達成の役に立たない。本業で頑張るしかない」

といった声もあるかもしれません。しかしここで立ち止まって少し考えてみましょう。

「投資でお金持ちになる」ことは一般的に難しい。
しかし投資は無意味ではありません。
投資とは資産運用の最適化なのです。
これを知らないと貯蓄や節約の重要性を見誤ります。
ビルゲイツは1セントを喜んで拾いましたが、それは将来1セントを大幅に超えた価値を持つことを知っていたからです。

投資でお金持ちになることは簡単ではないです。
しかし投資はまったく意味のないものでもありません。

大切なのは「投資とは資産運用の最適化」を理解することです。

ただ現金を持つだけでは物価の上昇で損をしてしまいます。
しかし投資を選択肢にいれることで、資産運用の幅が大きく広がるわけですね。
投資の中でも堅実なインデックス投資は、知っておいて損のない手法だといえます。

アメリカの大富豪であるビルゲイツやウォーレンバフェットは若いころ、1セントを拾って喜んでいました。
なぜでしょうか?

それは今の1セントが投資などに活用されることによって、将来1セントを大きく超えた価値を持つようになるからです。

1セントはさすがに極端な感じもしますが、今もっている資産というのは、実はとても貴重なものなんです。

インデックス投資を勉強することで貯蓄や節約の重要性を理解することができます。

幸い、インターネットのおかげでインデックス投資について勉強することに苦労しません。
インデックス投資の知識は人生の幸福度を高めるのに役立ちます。

まとめ

インデックス投資ではお金持ちになることは難しい。
お金持ちになるのにインデックス投資が絶対に必要になるわけでもない。

しかし、投資とは資産運用の最適化です。
インデックス投資という知識があれば貯蓄や節約の重要性も理解できます。
そのため貯蓄や節約が進み、最終的にお金持ちになれる、かもしれないといった構造です。

雪を転がして少しづつ大きくしていくことで、最終的に大きな雪だるまができるわけですね。

その雪はお金だけではありません。
知識やスキルも雪だと思って、転がしていきましょう。

関連記事です。

先日にアメリカセクター紹介記事を更新しました。投資の視点からアメリカの産業を大まかに理解することができます。

なぜ株式投資が有効なのか?それは「株主還元」があるからです。この記事では日本株のなかでも株主還元に積極的な企業に投資する【野村株主還元70】を紹介しています。

レバレッジは基本的にあぶない選択肢なのですが、株式投資に対するレバレッジは威力を発揮することがあります。
3倍レバレッジETFは借金することがないので、資産の増大化に活用する人もいます。