【SPXL】レバレッジETFは低金利と好相性

こんにちは、アーサーです。

前回の記事でもまとめましたが、最近はアメリカでも低金利に拍車がかかっています。

米国債10年利回りも1.5%を割るところまで来てしまいました。
しかしこのような状況はレバレッジETFには追い風になります。

低金利がレバレッジETFを助ける

低金利がレバレッジETFを助けると聞いて、ピンとこない方もいらっしゃるかもしれません。
しかし実は、レバレッジETFには金利コストがかかるのです。

【金利コストはどれくらい?】

先物にかかる金利コストは短期金利に依存します。 2019年6月5日時点の政策金利(上限)は2.5%となっています。
2倍レバレッジETFの場合、金利コストが年2.5%になるということですね。

【3倍レバレッジETFは金利コストも高くなる】

3倍レバレッジETFでは2倍レバレッジETFの2倍コストがかかってきます。

レバレッジETFの中でも人気なSPXLは3倍レバレッジなので金利コストも高くつきます。
現在の政策金利(上限)は2.25%なので、3倍レバレッジETFの金利コストは年4.5%になります。

しかし米中貿易戦争というリスクが顕在化したことによりFRBはさらなる利下げをする可能性が高く、したがってレバレッジETFの金利コストも下がっていくことが予想されます。

レバレッジETFは大きく暴落するので取り扱いに注意

しかし低金利になっていく最中は株価も暴落することが多く、SPXLなどの株式レバレッジETFはさらなる暴落に見舞われることになってしまいます。
最悪の場合、99%も暴落してしまうこともあります。

逆にいえば、大きく暴落したところでレバレッジETFに投資を行い、その後に株価が反発すれば大きなリターンを期待することができます。
このタイミング戦略は実際のところかなり難しいですが、少額でレバレッジETFに投資するなら不可能ではないと思います。
大暴落時のカウンターとして活用することが最も望ましく、頭の中にキープしておきたい戦略です。

おすすめレバレッジETF

王道はS&P500に3倍レバレッジをかけているSPXLですね。

しかしヘルスケアセクターに3倍レバレッジをかけているCUREも大変魅力的です。
なぜならヘルスケアセクターはディフェンシブであるため大暴落しづらく、その結果最終的なリターンが良くなる傾向にあるからです。

ちなみに私もCUREに余剰資金の10%を投資しています。

超長期米国国債に3倍レバレッジをかけたTMFも面白いETFです。
金利が下がる局面では大きく上昇するので、暴落対策に打ってつけです。
ただし金利が上がると悲惨なことになる場合もありますが。。

レバレッジETFを活用する投資家

米国株村ではとても有名な方で、全力米国株さんはSPXLやCURE、TQQQ(QQQの3倍レバレッジ)、TMFなどに多くの投資資金を投入していらっしゃいます。

ツイッターでも有益な投資情報を流していただいており、いつもお世話になっています。

最後に

レバレッジETFについて勉強したいなら以下の5記事には目を通しておくと良いと思います。

また、先ほども申し上げた通りレバレッジETFは99%もの暴落をすることがあるので、借金することはないとはいえ多額の資金を投入することは大きなリスクが伴います。

当ブログではレバレッジETFに対してはあくまで少額での投資をおすすめします。