シティグループの決算は良好、コスト削減に成功する【2019年Q2】

2019年7月15日

こんにちは、アーサーです。

大手金融機関であるシティグループの決算が出ましたね。

決算の概要

シティグループの一株当たり利益(EPS)はブルームバークのアナリストから$1.80と予想されている中、$1.83と上回りました。経費を年率で2%削減したことが功を奏しました。債券取引および消費者銀行業務からの収益が増加したことも大きかったようです。

本来アナリストの予想と比較される調整後EPSは$1.95となっていますがこちらは一時的な税引前利益が含まれています。電子取引プラットフォーム Tradeweb への投資により3.5億ドルの税引前利益を獲得し、収益を2%押し上げたとのことです。

売上はアナリストの予想185億ドルに対して188億ドルとこちらも上回りました。

決算祭りの出だしは好調

決算シーズンの先鋒であるシティグループの決算が良好だったことで、今後続く他企業の決算は明るいものとなりそうです。特にJPモルガンなどの大手銀行にとっては良いニュースとなりました。